消防官の一日 消防官の仕事を時系列で紹介。

ホース修理

ホース修理。
火災現場で穴が開いたホースを修理すること。というかコーナンの常連ですがね。。。。
私の所属では下っ端の仕事です。私はホースの修理が大好きです。
穴の開いたところにボンドで布をくっつけ、重しをのせて密着させる・・・。
(これを貼り付け と呼んでいます)
金具付近の穴は一回ホースをはずし、穴の開いたところからホースを切り、また金具をつける。
(巻き直し と呼んでいます)
ただそれだけ。ホースって穴があくけど、そんときはコーナンへΣ(o`д´o)
たったそれだけなんだけど、難しい。
単純なようで、かなり難しいんですこの作業。
・・・というか、修理する人の個性というか性格が現れてしまう。
誰が修理したかとか、分かる人は分かっちゃうくらい。
修理した後は、そのホースに一回水を通してきちんと修理されているか確認します。
その作業が一番緊張するかな??でも、私の管内は火災が少なくみんな
機械器具愛護をしている(?)ので、いつも修理をしているわけではありませんが。

消火栓調査
消火栓、小学校のときにぶちまけたことがありませんか?以前、消火栓のことについて書きました。
消火栓には、地下式消火栓、地上式消火栓があります。
地下式は、道路などに埋まっていて、マンホールを開けて使用します。
地上式は、道路の上に筒状のものが出ています。
(うまく説明できない。写真やイラストを投稿できるといいんだけど、やり方がわからん。誰か教えて−!)
私のいるところは雪国なので、地上式消火栓が多いです。
地下式だと、雪に埋もれて分からなくなってしまうから。
そんな地上式消火栓ですが、不便な事も。
道路に出っぱっているから邪魔な事も(あるらしい)(車がぶつかったり、自転車がぶつかったり)
そして、昨年の大雪で地上式消火栓も埋もれてしまい、除雪車が地上式消火栓を破損したりしました。
なので、今年は消火栓調査に力を入れていました。
管内の消火栓ボックス、消火栓、消火栓看板及び水圧を全てチェック!!
半端じゃないくらい、時間がかかりました。雪が降る前に終わってよかったです。

はい、よろこんで!!
ある日の夜の職場風景。ううううううう。さむい。。。。
「今日、おまえ夜チン(※)やろ?この制服、消防団員のアイちゃんとこ届けてや。」 
 (※警鐘パトロール 夜にチンチン鐘を鳴らすからそういっている)
「はい、よろこんで」
・・・とまぁ、総務の人とそんなやり取りがあって夜チンと頼まれた届け物をして署に戻ったんですわ。
その後、すぐに救急指令。救急隊出動!!そして病院搬送後、救急隊帰署。
救急隊が帰ってきたら手の空いている人で後片付けやら消耗品の補充をします。
「おい、このマスク、消毒して。」と救急隊に言われ、「ぁ、はい」と、すぐに消毒にかかりました。
すると・・・
「おい、『よろこんで』がないぞ」
はい!?なんですと??(←心の声)
消毒を頼んだ人は、普段、そんな冗談を言うような人でもなく、
どちらかと言うと冗談を言うのも言われるのも嫌がる人なのに・・・
一体、その人にどういった心境の変化が起きたのでしょうか・・・。
未だに謎です。

異動
異動の発表がありました。ぎゃああああ。どうしよう。
私は休みだったのですが、同期の人から連絡が入りました。
どうやら私は課の異動も泊りの班の異動もしなくていいみたいです。
予想では、予防課の指導係になると思っていたのですが。
もうしばらく、警防課にいられてうれしいです。
まだまだ、やり残していることがたくさんあるので。
今は、与えられた仕事をこなすので精一杯ですが、
これからは心機一転、与えられた仕事をこなすとともに、
今まで心の奥底で温めているものを実行していこうと思います。

Comments are closed.